free html templates

Cheer

インプット

偏ったメディア情報ではなく、正しい意志決定のためのインプットを徹底して行える仕組み

Challenge

アウトプット

学生に一番足りていない挑戦の環境。正しいインプットの元、最大の挑戦を繰り返そう。

Career

意志決定

インプットと挑戦というアウトプットを繰り返すと意志決定の力がつく。幅広い意志決定の環境を用意。

聞くだけじゃない。
参加型のプロジェクト始動

多彩な講師陣をのぞく

Cheer

【インプット】
経験者や経営者から質の高いインプットできる仕組みを用意。

Mobirise

厳選企業ランチ会

厳選企業社員との少人数ランチ会を月2回開催

Mobirise

TRARIS

「挑戦」をテーマに毎月豪華著名人を招いてのパネルディスカッション

Mobirise

24時間キャリア相談

croomチャットでキャリアに対してなんでも24時間相談可能

Mobirise

Challenge

【アウトプット】
学生に一番足りていない経験値。より効果的な挑戦の場を用意し、価値ある経験を。

Mobirise

croom supporter プロジェクト

学生参加型プロジェクト。豪華事業家が学生とともに一つのものを作り上げる長期プロジェクト。

Mobirise

croomコミュニティ活動

メンター陣サポートの下、学生達が考えたアイデアを実践するコミュニティ。

Mobirise

長期間ピッチバトル

豪華審査員を招き、学生が本気で取り組むピッチバトル。日本最大規模にして、最高のクオリティです。

Mobirise

Career

【意志決定】
インプットとアウトプットを繰り返し、croom college独自のルートで様々なキャリア選択へ

Mobirise

学生情報を企業へシェアしスカウト発生へ

croom collegeでの活動内容や、学生の特徴は、月1回のメンターとの面談によりしっかり更新されていく。更新された内容は毎月企業へ開示されスカウト可能になる。

Mobirise

長期インターン

croom collegeが意欲的な学生に合う企業を厳選するため、独自の指標を定め集まった企業。これらの企業への入口を提供する。そこから先は学生のみなさん次第です!

Mobirise

投資家プレゼン

起業したい人向け。自分の事業をVCやエンジェル投資家にプレゼンできる資金調達ピッチ。

croom理論

〜学生時代に得るべき4つの要素〜

学生に必要な上限突破を実行する上での4つの要素

反対意見を恐れずに言うと、学生はスキルがありません。
それでも学生の活躍幅は無限大で、だからこそ学生起業家が生まれたり、企業の学生採用は起こります。それはなぜなのか?
学生はスキルのない代わりに、伸び代が無限大です。上限の見えている人間より、上限のわからないものや人の方が期待値が高く、人は好みます。やっぱり見えないものを見たくなるのが人間の本能です。だからこそ、学生の価値は無限大なのです。
croom理論とは「伸び代を伸ばすだけ伸ばし、上限が見えない学生を目指す」ことです。
スキルはいつでもいくらでも伸ばせます。しかし、学生時代の過ごし方は「上限の形成」に非常に大きな影響を及ぼします。そこで、croom理論では、上限突破をしていく上で何を伸ばしていくべきなのかを整理し、croom collegeはこの4つの要素の実践の場として展開していきます。

聞く力

学生にスキルがないことは当たり前です。
なぜなら、往々にしてスキルとは経験の積み重ねでついてくるものだからです。
そんな自分自身を客観視できていると、足りない部分を聞いたり、人に頼ったりできます。これができる人は予想以上に少ないです。なんでも聞くことがいいことでありませんが、正しいインプットなしに効果的な成長はできません。
正しいインプットは、「聞く力」をつけた学生にのみ可能です。

情報収集力

今の自分にとって有意義な情報とは何か。
これを奥深くまで考えられる人多くありません。
具体例としては、業績も会社の評価も高く、意欲的な学生にとって素晴らしい環境の企業でも、目立つメディアに出ていなければ学生認知度は5%ほどしかありません。日々受動的に情報収集をしていると、本当に自分自身にとって有意義な情報に行き着きません。有意義な情報にたどり着くには、想像力が必要です。自身にとって本当に必要な情報がどこに落ちているのか。誰に聞けばいいのか。これを深くまで考えることは能力ではなく、努力です。効果的な情報収集力を身につけることは上限突破につながります。

アウトプット力

インプットとアウトプットをバランスよく実践することに意識したことはありますか?多くの学生はインプット過多になります。
理由は、2つあります。
・やりたいことが決まってない
・自分に自信がない
どちらも当然なことです。では、やりたいことを決め、自信をつけるのに必要なことはなにか。「プレッシャー環境下でのアウトプット」です。
多くの学生はインプットによりやりたいことを見つけ、知識武装し自信があるように見せますが、これはあくまで装備でしかありません。
自身のレベルアップはアウトプットでのみ叶います。プレッシャー環境下とは、責任ある状況だったり、緊張感ある環境のことを指します。
誰かにノウハウを話すことはインプットの共有であり、ただ留学に行くことはインプット。とcroom理論では定義づけています。アウトプットとインプットのバランスに意識することが成長効率を上げます。

発信力

「個の時代」である現代において、発信力の重要性は増し続けています。
発信できるということは、自身のノウハウや思考を整理し、それを他者にうまく伝えることができるということ。
自分の経験なんて価値がないし発信に値しない、という学生によく出会いますが、目的を変えましょう。思考整理と、伝える力を養うために実践するのであり、それが伸び代をあげることにつながります。
そうして習慣化した「発信力」はいつしか応援者も増やし、影響力にも伝染していくはずです。
「個」の時代を有意義に過ごすために、「発信力」を武器に行くことが重要であると言えます。

JOIN NOW

croom collegeでの新しい経験が待ってます

ACCESS

03-6416-1267
info@collegeworks.com

〒150-0041
東京都渋谷区神南1丁目11-1-1階
月 - 金:11:30 - 22:00
土:14:00 - 22:00

© 2020 croom college